確信と仮説

【Twitterに載せたもので、前説なくいきなり話が始まりますが悪しからず。読んでくださった方のなにかのヒントになれば幸いです】

確信してからでは遅い。
確信がなくとも仮説ができるならその場から踏み出す。仮説で前に進める力って大事だと思うんだよね!
人生で確信が持てることでそれほど多くないのに人って確信持ってからじゃないと勇気振り絞れないってことよくあると思う。確信ってなにかの拍子の出来事で得ることだからそれを待つってのが普通だと思うけど、確信を待つ間に仮説で動ける人って、たぶん確信を持ってから動く人が動く頃には少しからず前にいる。仮説の状態かもしれないけれど、それで動いてるってことはそれを自分に引きつけてるってことだから確信要素もすぐに得られるわけ。

【以上、《確信と仮説》でした。この内容を読んでくだった方なりに解釈して頂いて良いヒントとして与えることがでればと思います。随時TwitterやEvernoteなどに残したアイディアを日記に保存していくという形で載せて行くので、暇な時でも読みに来てくださいねー!!】

東日本大震災、特番、、



こんばんわ

本日もブログ閲覧なさってくださいましてありがとうございます。

皆さんが閲覧なさってくださること親切さが、

このブログ更新のエンジンのガソリンとなって

本日も更新することができています。感謝です。



ふと家に帰ってテレビを付けたら、

東日本大震災の特別番組がやってまして、

3/11福島原発でのウラストーリーのことについてだったんですね。

実は一人の63歳の元消防士が原子炉が爆発阻止に必死に動いていたという内容のストーリーでした。


その方はもう現役を引退なされていたんですけど、

もし力を貸してくださるなら福島原発の災害拡大阻止に協力して欲しいと

話を受け、行くとしたらまずは自分が行くと言って消防車に乗り、少しでも防護服を脱げば被曝してしまう

という所に自ら率先して協力しに行きました。


原子炉爆発物阻止のため消防車から注水し温度を下げるという危険な作業を行って下さったのです。

中にはすでに爆発してしまった原子炉もあったわけですからそこら中瓦礫や泥が飛び散っているわけで、

またいつ別な原子炉がいつ爆発するかわからぬ状況下で

瓦礫、泥などに埋まってしまった、原子炉の中に注水するための菅を探したりと私たち知らないところで

私たちのために必死に動いてくださった方がいました。

(もしその方々がこの作業してくださらなかったら今頃5000万人以上の避難命令。これは日本で最も人口の多い東京でまでも避難命令指示でてしまっていた。こんなこと考えられませんよね。)


そんな自らの命を掛けてあの3:11と戦ってくだった
方々がいる中、

最近では、

福島県が県内の放射線量の計測結果を 環境省に見せる前に処分してしまい

あれ以降の実際の結果が今も尚正確に把握できていないっといったことが起きてしまっていたり、

福島原発で被害を受けた方々に対する原発賠償があてにならないといった類の話が多く飛び交っているのが現状です。

(余談ですが友人に実際に3:11の被害者の方がいるんですが、避難のために福島から関東の方に来て、そのための家賃は免除のような話があったのですけど、なんだか、アパートならok マンションならoutのようなことで折角引っ越して来て結局は家賃は自腹なんてのがあります。)


被害を被られた方、またこの3:11の拡大阻止に必死に動いてくださった方々、

のためにももっと真剣になって学んでいかなくてはならないのです。

私の友人では、

3:11の時期の思い、またそれ以降の思いやこれからについて話し合うカンファレンスを

開きます。そういった方々をみていると

あぁ、自分も他人事ではいられないな。

実際自分の身に起きたこの大震災についてもっと知り、

これからに繋げて行くことが義務ではなくここに生きた使命なのだなと強く思います。


皆さんも
核エネルギーとか燃料タンクとかまた放射能と放射線の違いが詳しく分かる必要はないとおもいます。

ただ、

被害を被られた方々や今もその後遺症が残る方々など

3:11により、今の生活に支障が出ている方々の心をほんの少しでも理解する、

ちょっとでもその方々の立場に立ってみる、ということでいいと思うのです。

大きな一歩です。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

3:11に対する意識が少しでも向いて頂けたらなと思います。


これであなたも良い生活リズムに乗ることができる!


こんばんわ。
本日も皆さんおつかれさまでした。

早速ですが本題に入らせていただきます。

さて、本日の内容は題名をみてもお分かりの通り、

良い生活のリズム生活リズムに乗ろう
というものです。

まあ良い生活のリズムに乗って朝活に取り組む時間を生み出そうということが狙いなのですが
(朝活については前回の記事を読んでね!☆)

そもそもとはなんなのか
それは、もう何百回、何千回と耳にしたことがあるように

良い生活リズム=早起き

なんですねえ。

えとか、馬鹿にしてはいけませんよ。これが実に重要なことなのです。

早起きをしようと決意すれば、当然どんなに忙しい方でも最低4.5時間の睡眠は確保したいと思うわけです。
そうしたら、次は早起きするために12時には寝ようなどと決意する。

皆さんここまでは行くんですよね。

しかし、実際になると大抵は実行しません。または、実行しても2、3日で止めてしまう。いきなりいつもと違うことはできないもんですから仕方ありません。

では、なぜそう決意したのにも関わらず、実行に移せないのかと言うと、



心のどこかで

『きっと朝は起きれないから、早く寝ると使える時間が減ってしまう。れなら夜起きている法が時間をより活用できるのではないか。』


と考えてしまっているのです。

今まで夜の時間を使っていた方々なら、こういった考え方が習慣になっていますから、無意識でそう思ってしまっているのです。

朝の時間を有効活用されている方の考え方は、

『朝(「必ず起きれるし、、」と無意識にでも思っている)、時間があるから今日は寝よう。
朝よりすがすがしく、より効率的に過ごすためにも少しでも早く寝ておこう。』



と朝の時間をスムーズに使っていってるのです。

朝の時間は、夜よりも効率がいいと言われていますし、
なにより、良い生活リズムに乗っているので健康的で作業効率が良い。


ですので、
はじめのうちは、前者の考え方になってしまってもかまいません。
徐々にでも
この朝の時間をうまく活用できる人の考え方に慣らすようにしていってみてください。
続けていけば必ず成果が表れてきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR